https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000116-mai-soci
主旨:地震烈度低於6度的大阪府北部的超級市場,消費者急於購買飲用水,杯麵,冷凍食品等。 有一系列商店的商品缺貨。
 震度6弱を観測した地震の震源地となった大阪府北部のスーパーには、飲料水やカップ麺、冷凍食品などを買い求める客が殺到し、商品が品切れになる店が相次いだ。

 大阪府高槻市城西町のスーパーチェーン「ライフ高槻城西店」では18日夕、売り場にミネラルウオーターやお茶がなくなり、「本日のお水は完売致しました。ご了承下さい」と書かれた紙が張られていた。カップ麺や冷凍食品、総菜などもほとんど売り切れた。男性店長は「水とお茶の売れ方がすごかった。翌日に出す予定だった商品もあっという間になくなった」と話した。

 買い物に来た近くの主婦(56)は「今日だけで、5軒以上のスーパーを自転車で回った。この店にも水がなかった」と肩を落としていた。

 大阪市内のスーパーも買い物客で混雑した。「ライフ土佐堀店」(大阪市西区)では、店内に約10あるレジカウンターに長蛇の列ができ、缶詰やペットボトル、カップ麺などを買い物かごに数多く入れていた。

 店内では「カップ麺は1人3個まで」「飲み物は1ケースまで」などと書かれた紙も。男性店員は「補充が追いつかない」と忙しそうだった。【大東祐紀、松本光樹】